ブラックリストにはどんな情報が載るの?

カードローンやクレジットカードを利用したり携帯電話をローンで購入したりすると個人信用情報に個人情報・申し込み・借り入れ・返済などの取引の事実が
金融履歴として記載され各金融業者が提携している信用情報機関に登録されます。
この個人信用情報にネガティヴ情報が記録されてしまうことをいわゆるブラックリストに載るといいます。
ネガティヴ情報とはある一定の期間・回数を超える遅延や滞納・代位弁済・債務整理・自己破産など与信を判定する際にマイナスになる情報です。
与信の判定とはお金を貸すのに信用できる相手かどうかを見極める審査ですが、ネガティヴ情報があると貸付するお金を将来回収できる可能性も低く十分な信用は無いと判断されます。

ですから個人信用情報にネガティヴ情報が記載されている間は、返済のみで新たなカードローンの借り入れなどは出来ません。
また金融事故を起こした金融業者以外のところに新規の申し込みをしても審査に通ることはありません。

なぜなら通常個人信用情報は系列によって3つの信用情報登録機関が独立して管理していますが、ブラック情報については情報を共有し審査時の判断材料にしています。
ブラック情報は信用情報機関と内容によって登録期間が違います。
銀行カードローンの場合は延滞5年・代位弁済5年・任意整理5年・自己破産10年となっています。

この期間が過ぎないとカードローンを利用することは出来ません。
もし自分の個人信用情報がどうなっているか確認したいならば、各信用情報機関の公式サイトを確認しに開示請求手続きをしてください。

sck1204-dgf01-01専業主婦でも借りれるカードローンの最新情報をチェック