借入は住宅ローンに影響しますか?

ローン業界の中でも最も厳しいとされる住宅ローンの審査ですが、キャッシングでの借入れは何らかの影響があるのでしょうか。
カードローンでキャッシングを利用している場合、住宅ローンの申込みに不利にはたらくのではないかという心配が多く聞かれます。
キャッシングでの借入れがあるというだけで、必ずしも住宅ローン審査に通らないというわけではありません。
しかしながら状況によっては不利に影響する可能性もある、というのが実情です。

住宅ローンの審査において、場合によっては希望する借入れ額から減額されてしまうこともあります。
またカードローンの契約解除が融資条件となるケースもあります。
住宅ローンの審査では、個人信用情報を照会した上でキャッシングの利用履歴や借入れ状況を確認します。
現在の借入れについてだけでなく、過去の返済状況などもチェックされます。
金融事故を起こした履歴があるのはもってのほかですが、常に借入れと返済を繰り返している人などは、資金状態が疑われマイナス要素となる可能性が大きくなります。
住宅ローンを検討する際には、まずキャッシングを全て完済しているというのが好ましいといえます。
さらに完済して使用していないカードローンは全て解約しておくことをおすすめします。

なぜかというと、使っていないカードローンの限度額も借入れ総額の一部としてカウントされてしまうからです。
現在借入れがなくても、その限度額の範囲内でいつでも借入れできるという状況から、保有しているだけでも借金の予備軍としてみなされるのです。
いくら使う予定はない、と言っても住宅ローンの審査では通用しません。
この使用していないカードローンのせいで住宅ローンが通りづらくなることも大いにあり得るのです。
ちなみにカードローンの解約は、住宅ローンの申込み半年以前くらいまでには済ませておくと安心です。
解約してから個人信用情報にデータが反映されるまでには、ある程度の時間がかかるため注意が必要です。

sck1204-dgf01-01専業主婦でも借りれるカードローンの最新情報をチェック