月別アーカイブ: 2014年12月

専業主婦が借りるカードローン会社を選ぶポイント

現在たくさんのカードローンが出回っています。そんな中で専業主婦が利用できるカードローンというのは制限されています。専業主婦が借入れをできるのは、
銀行が提供するカードローンになります。消費者金融やクレジット会社が提供しているカードローンには、総量規制という法律がからんできます。
総量規制は借入れ総額を年収の1/3までとするもので、貸金業者である消費者金融やクレジット会社を対象としています。このため収入のない専業主婦は実質的に借入れを行うこと
はできません。いっぽう銀行は総量規制の対象ではありませんので、専業主婦でも融資の申し込みを受け付けてもらえます。最近では専業主婦向けの専用カードローンも
増えつつあります。このような専業主婦向けカードローンは配偶者に一定の収入があることが条件となりますが、そのメリットは見逃せません。
まず配偶者の同意書なしで申込みできるという点です。夫に知られずに借入れしたい人には大変便利なカードローンです。また一定額までは配偶者の所得証明書も必要なく
手軽に申込みができることも、利用者の人気が高まっている理由といえるでしょう。さらに銀行カードローンは消費者金融などにくらべて金利が低めに設定されています。
専業主婦が利用するとなると限度額はある程度低く抑えれられてしまいますが、逆に借入れしすぎて返済不能になるリスクも少なく安心です。もちろん銀行カードロー
は専業主婦なら誰でも利用できるわけではなく、審査が行われたうえで融資可能かどうかが決まります。

カードローン会社で借りると旦那の会社へバレますか

専業主婦がお金を借りることが出来るのは銀行カードローンだけでその条件として夫に安定した収入がある事となっています。
よって申し込み時には旦那様の勤務状況について申告しなければなりません。
専業主婦の借入金返済の目途は旦那様の収入となるので審査では旦那様の勤務状況が対象になります。
審査の一つに在籍確認があります。

在籍確認とは申込者が申告した勤務先に本当に実在し仕事をしているのかを実際電話をかけて確認するのものです。
そうなると専業主婦の場合は返済資金を出す旦那様が実在し勤務しているかを旦那様の勤務先に電話をかけ確認すると考えられますが、専業主婦への融資を実施している大手銀行カードローンの在籍確認は自宅へ専
業主婦本人に電話連絡をします。
よって旦那様の勤務先に妻の借り入れがバレることはありません。

特に専業主婦への融資をうたっているところはプライバシーに関しても夫の同意書不要や確認連絡なし、在籍確認の方法など十分配慮してくれます。
またWEBで申し込みから契約まで手続きをし、取引明細書が郵送されないようWEB登録をしておけば夫に内緒で利用できます。
総量規制の例外項目である配偶者貸付は現状では実施されていませんが制度上は消費者金融から専業主婦が借り入れする場合は夫の同意書・収入証明書・住民票や戸籍抄本を必要としますので旦那様の会社にバレなくても旦那様にはバレてしまいます。
また銀行カードローンでも特に専業主婦への融資をうたってはいないが借り入れ出来る場合、旦那様の会社に在籍確認の電話をする場合があるので必ず事前に確認してください。